S43年卒の部室


 
(文責:宮原才郎)

1 当時の状況等について


(1) 県内外の高校サッカー事情
      当時は、まだまだサッカーはマイナーなスポーツであった。昭和43年卒が入学する前年(1964年)に東京オリンピックが開催され、日本チームが1次予選を突破し、大阪の長居陸上競技場で行われた5、6位決定戦に出場したことなどから、やっと一般の人々にも知られるようになった程度であった。

      高校サッカーの当時の事情については、九州サッカー協会から平成11年に発行された「九州サッカーのあゆみ」に記載された記事や記録をもとに当時の状況を振り返ってみた。

   「昭和41年に待望の高校総体青森大会からサッカー競技が参加することになった。」「しかし九州勢は昭和43年に大分工がベスト8に進出したのみで40年代は上位進出を果たすことが出来なかった。」とあり、まだまだ九州のレベルも低く、全国的に見ても、静岡や広島など特定のサッカーの盛んな県とその他の県の格差が大きかったように思われる。

   その高校総体では、昭和41年度に熊本商業、昭和42年度に熊本第二が県代表となっている。

   また、九州高校選手権では、昭和40年度に熊本工業が、昭和41年度に熊本商業が、昭和42年にも熊本工業が県代表として出場し、それぞれ準優勝している。

   さらに、国体では、昭和40年に熊本商業、昭和41・42年度に八代第一が県代表として九州大会に出場し、昭和40・42年度に九州の枠数4内に入り本国体へ出場するなど、九州内での熊本県のレベルは、比較的高かったと思われる。

      なお、国体は、昭和43年度に八代第一、昭和44年度に熊本第一工業が単独校として本国体へ出場した後、各県とも選抜チームで争うこととなった。

 
(2) チームの状況
   前述のように、やっとサッカーが一般に知られるようになってきた時代であったので、入部してくる新入生もほとんどが中学時代に本格的に経験している者はなく、まずは、サイドキックの蹴り方の練習から始めなければならないような状況であった。

 

2 戦績等について

    個人的に記録している資料は誰も持ち合わせが無かった。そのことが記録に残すよ うな成績が収められなかった証拠として残ってしまった。

 

 

3 回想記、その他

  一応、全員に原稿を依頼したが、辛かった思い出の方が多く、あまり良い思い出を 持っている者もいなかったのか、期限内には1人からしか送られて来なかった。

  その辛かった思い出の最たるものとして、全員が未だに鮮明に記憶している2年生 の時の合宿の様子が作文として残っているので、併せて掲載することとした。

済々黌に入学しサッカー部に入りました。
母校を卒業し 今 56歳になりました。

1、Never give up
1、先輩からの恩は 後輩に返せ 

教えて頂いたことに 感謝しています。 

”一生 青春”      H17.12.4   山下佳史

 

拡大したページへ
多士文集3 昭和42年2月より



追加でもう1通回想記が送られてきたので、前出の作文とこの手記の主人公である「吉尾さん」の若かりし頃の写真も併せて掲載する。

   

 高2の時だったと思うが、2回の教室から何気なく外を見ると、白シャツ 白短パン姿の吉尾さんが歩いているではないか。時は7月、大学は夏休みに入ったのか、早大から夏休み帰省された吉尾さんだ。  
 ”間違いない。今日からシバかれるのか”と、戦々恐々した当時の自分を
思い出しました。  
 高校卒業後、大学4年間、社会人20年間、現役でサッカーがやれたのも吉尾さんから鍛えられた体力、サッカーの基本があったからだと感謝してお
ります。
                     堀
川和幸

その後、太田黒君から回想記「デビュー戦」が送られてきた。また、佐賀市役所に勤務している木村正博君からはメールが届いた。私信ではあるが、本人の了解を得たので、併せて掲載する。

デビュー戦

兄がサッカーをしていた影響で俺もしたいと思っていたが、あいにく中学(花陵)にはサッカー部がなかった。3年のときに好きなものが集まってボールを蹴っていたが所詮我流の遊びであった。

済々黌に入学しすぐにサッカー部に入部した。
少しずつボールが蹴れるようになった6月(?)頃、突然デビュー戦がやってきた。マリスト高校での練習試合でのこと。当日は県総体(?)の抽選日の為キャプテンは抽選会場へ、又レギュラーの一人Kさん(本人の名誉の為実名は伏せる)は遅刻。なんと俺に出番が回ってきた。しかもセンターフォワード。当時よほど人材不足か又は俺に才能があると先輩がみたのか。しかし、初めての試合で何をしていいのか、どう動いていいのか全くわからず(全く憶えていない)あっという間に前半終了。後半は遅刻してきたKさんが出場した。


3年間で最初で最後のセンターフォワードだった。                                               太田黒



「木村正博君からのメール」

  宮原様
お久しぶりです。

  現在、佐賀県協会の1種委員長をやっています。
年間を通じ、毎週土日はサッカー関係の用務で追われている状況です。 18年度と19年度は全国社会人にも顔を出すことになっています。

  大嶋先輩とは社会人の九州大会で何度とはなくお会いしています。太田黒君とも九州シニアの事務局をやっているので佐賀に来たときに一緒に飲みました。 大分前ですが木下君がライオンの佐賀支店にいたときに、内君を呼んで飲んだことも

あります。

  OB定期戦に1度顔を出したことがありますが、佐賀の大会等と重なりなかなか参加できません。
  熊本にも、KYUリーグや九州大会などで熊本県協会の社会人の人達とは顔なじみの人が大分出来ました。

  機会があれば、濟々黌の催しにも参加できればと思っています。今後ともよろしくお願いします。
                                                        佐賀県   木村 正博

               


    左から、太田黒、宮原、吉尾さん、山下、内、木下、堀川

                                                    (写真提供:太田黒)